【口コミ】GOPRO HERO7を完全レビュー!!Black/silver/white全機種まとめ

   

2018年9月27日、ついに7代目のGOPRO HERO7が発売されました!!これまでのGOPROと違って今回は3つのカラーで発売。

3つのモデルは、上位機種の「HERO7 BLACK」中位機種の「HERO7 SILVER」エントリーモデルの「HERO7 WHITE」で、価格によって機能やスペックもさまざま。

その中でも注目なのはフラッグシップモデルの「HERO7 Black」です!!期待どおり史上最高のゴープロに仕上がっています

さらにHERO7 Blackはスタビライザーが不要なほど手ブレ補正強くなり、映像&画像は最高レベルに進化!またストリーミング配信に対応するなどSNSやスマホとの連携をより便利にしました!

一方で「HERO7 Silver」や「HERO7 White」は機能を省いた廉価版です。「少しでも安くゴープロが欲しい」という人にはオススメ!

今回もGoproマニアが集まる編集部スタッフが使ってみた感想をメインに、動画や写真もレビューしていきます!

HERO7 BLACKの知りたいことはこの記事に丸ごと詰まっています!!

ジョンくん

最新のGopro hero7の機能やスペックを徹底レビューしていくよ!
この記事を読んでわかること
  • Go pro hero7の3種類のスペック
  • Go pro hero7 進化した部分を比較
  • Go pro hero7 black の実際使ってみたレビュー

【2018最新】コスパ・使いやすさ・機能を徹底比較!おすすめGoproランキング!!

目次

GOPRO HERO 7 とは

Gopro Hero7はゴープロの最新アクションカメラです。小型で軽量、それでいて防水対応なのでアクティビティーや旅行でも大人気。

また最近では、#Gopro女子や#Goproのある生活 などが話題になるなど女性にも人気も高く、若い人たちの間でも大流行しています。

【ゴープロ女子 必見】インスタでも大流行!#GoProのある生活とは?

今回のHero7の魅力を理解するために必要なポイントは主に3つです!!

1つ目は操作性が改善されたこと。

2つ目は「HYPER SMOOTH」「SUPER PHOTO」「タイムワープ」などの映像をキレイにする機能が充実。

3つ目は「ストリーミング配信」「縦撮り」など、SNSやスマホ動画との相性UPしたことです!

Hero7の進化まとめ
①操作性がよくなった。①映像美をサポートする機能が充実。②スマホやSNSとの連携が快適になった。

Gopro Hero7の3機種をおさらい

HERO7はBlack(フラッグシップ)、Silver(ミドルシップ)、White(ローエンド)の3機種が同時に発売されましたが、値段によって機種のレベルもそれぞれ違います。わかりやすく図解にしました。

HERO7の基本的な機能をまとめました。Hero7 SilverやWhiteはBlackの機能を削った廉価版です。写真も動画の画素数も劣るし、バッテリー交換できないのはイマイチ・・・というのが率直な感想です。

ただホワイトなどはデザインがカワイイので女性人気は高いです!また「少しでも安く買いたい」「とりあえずゴープロが欲しい」という初心者にはオススメです!!

ただし本格的にゴープロを楽しみたいという人には絶対にHERO7 Blackがオススメです。HERO7は間違いなく今後5年は安心して楽しめる超高機能ゴープロです!!

一言アドバイス
Hero whitやSilverは価格を抑えたけど、機能はイマイチ。ちゃんとゴープロを楽しみたいという人なら絶対にHERO7 BLACKを選ぶべき!!

HERO7 から追加された新機能まとめ

Hero7からの新機能を表でまとめています。Hero7 Blackには注目の新機能が全て搭載されていて、手ブレ補正が強化されたり、ライブストリーミングが出来るようになったなど、HERO6からかなりアップデートされました。

一方でHero7 silver/whiteは「縦撮り」「写真タイマー」だけが追加されています。

一言アドバイス②
注目の新機能はHERO7 BLACKのみ。WhiteとSilverはほとんど新機能が搭載されていない。

HERO7 進化を家系図でたとえてみる

今回発売されたHERO7の3モデルはどんな系図をもっているのか分かりやすくまとめてみました。

Goproの家系図
  • 最上位機種のHERO7 BlackはHERO6の進化版
  • HERO7 silverは2代前のモデルのHERO5の進化版
  • HERO7 white は HERO2018の進化版

こんな相関図をイメージしてもらうと、機種のレベル感も分かりやすいと思います!

ジョンくん

機能を絞って低価格にしたのはいいと思う!だってどうせ使いこなせないしね。

【図解】GOPRO HERO7 BLACKを解説

HERO7 BLACKの特徴

HERO7 Blackは、これまでのGoproシリーズの中で最高レベルのアクションカメラです。価格は高めに設定されていますが、機能に見合うだけのメリットはアリ◎。絶対に損しない高スペックモデルです!

G1チップという新しい画像センサー搭載で映像が美しくなっただけでなく、「SUPER PHOTO機能」で静止画も超高画質になっています!つまりHero7 Blackは映像も写真も超キレイになっています!!

もちろんHero7も防水防塵なので、防水カメラの代わりとしてもダイビングやシュノーケリングなどでも使えます!暗いところでもキレイに撮れるので、海の中の光が届きにくいところでも大丈夫です◎

また手ブレ補正強化は今回の一番の注目ポイントでアクティビティーでの撮影がよりカンタンに。ジンバルが不要と言われているほど滑らかな映像が撮れるようになり、スキーやスノボ、サイクリングなど揺れが激しいシーンでの撮影もすごくキレイに撮れるようになりました

そしてライブストリーミング機能の追加で、リアルタイムでの配信が出来るようになりました。さらにスマホ向けの動画が撮れるようにと縦フレームでの撮影もができます!ちょっとしたSNSでの動画やちょっとした中継もHERO7一台で出来ちゃうなんて、アクションカメラの領域を超えて高画質のビデオカメラのレベルです。

HERO7 Blackの特徴
  • HYPER SMOOTH
  • SUPER PHOTO
  • WARP
  • 4K高画質
  • 10mまでの防水対応
  • ライブストリーミング配信
  • 3つのマイクで音声にも強い
  • 縦撮り対応

ジョンくん

旅行やイベントで綺麗な映像が撮りたいという人ならこのエントリーモデルでまったく問題ありません。

【図解】GOPRO HERO7 Silverを解説

 

機能とコスパのバランスを考えた一台!画質は4Kでゴープロ最高画質を実現しているので「ゴープロ特有の世界観」はたっぷり楽しめます!

レンズ部分の横にある液晶画面はありませんが、ぶっちゃけココはあっても無くてもそんなに困りません!この小さなモニターがないことに不満を感じたことはありません笑

最上位機種よりも値段はおさえつつも、4K画質、防水機能、手ぶれ補正など、アクションカメラに必要な機能はちゃんと搭載しています! 

ゴープロ ヒーロー7 シルバーの特徴
  • 小型、横向きでコンパクトな作り
  • 41500円の低価格
  • 4K撮影機能搭載
  • タッチディスプレイでの操作可能
  • 10mまでの防水対応
  • 音声コマンドにより、手ぶら操作が可能
  • 様々なアクセサリーを使うことによりGo proでの遊び方が増える

HERO7 シルバーはHERO5のアップデート版!

廉価版とは言うけど「これってGOPRO HERO5とほとんど変わらないんじゃない??」と思ったのでじっくり検証したところHERO5の進化版でした!

それなら値段が安いこっちのゴープロ買った方が得です(笑)もちろん価格を抑えているので、4K画質が2K画質へとスペックダウンはしています。ただし2Kの画質ってアクションカメラにしてはメチャクチャ綺麗なんです。

エントリーモデルというと初心者向けというイメージもありますが、これだけのスペックなら中級者や上級者でも十分楽しむことができます。

【図解】GOPRO HERO7 whiteを解説

価格重視の安いゴープロ・低価格ゴープロです。ホワイト色のゴープロは初めてでとても可愛い。とにかくゴープロを使って海外旅行やビーチを楽しみたいという人にはオススメの一台です!スノボやサイクリングなどの振動が多い場面で使わないのであればHERO7 WHITEの手ブレ機能でも十分!初心者向けのGoproとしてはオススメの一台です!

ゴープロ ヒーロー7ホワイトの特徴
  • 小型、横向きでコンパクトな作り
  • 31860円の低価格
  • 2K撮影機能搭載
  • タッチディスプレイでの操作可能
  • 10mまでの防水対応
  • 音声コマンドにより、手ぶら操作が可能
  • 様々なアクセサリーを使うことによりGo proでの遊び方が増える

HERO7 ホワイトはHERO2018のアップデート版!

廉価版とは言うけど「これってGOPRO HERO2018とほとんど変わらないんじゃない??」と思ったのでじっくり検証したところHERO2018の進化版でした!

価格を抑えているので、4K画質が2K画質へとスペックダウンはしています。ただし2Kの画質ってアクションカメラにしてはメチャクチャ綺麗なんです。

エントリーモデルというと初心者向けというイメージもありますが、これだけのスペックなら中級者や上級者でも十分楽しむことができます。

(PR) 新発売のHERO7が今すぐレンタルでお試しできる!!

話題の最新ガジェットがレンタルできる「rentry」では新発売のGopro Hero7をすぐにレンタルできます「買う前に試してみたい!」「話題のHERO7を使ってみたい!」という人には人気のサービスです。まずは格安レンタルでお試してみましょう!

GOPRO HERO7の基本情報

HERO7のデザイン

歴代の機種を見てもフォルムやデザインは全く一緒。正確にいうと、ロゴのマークのカラーが変わったくらいです(w)

開封の儀のようにちょっとパッケージを開けてみます!

箱を開けて本体を取り出す。毎回コレが結構かたいので苦労します汗

これもいつもと全く同じ風景(w)パッケージは白でシンプルですね。

本体は手に乗る大きさでとてもコンパクト。

端子は他の機種と同じでmicroSDカードスロットが底面に、USB Type-Cポート(充電用)、Micro HDMIポート(出力)が側面にあります!

Gopro Hero7の価格・値段

HERO7の発売価格は、Blackが53460円、Silverが41580円、Whiteが31860円となっています。

これまでのGopro HERO 6 の43,000円(税込)や Gopro HERO 5 は35,150円(税込)に比べると価格も少し高くなっていますが、機能アップしている分を考えると、かなりお手頃価格になっています。

GOPRO HERO7の新機能を詳しく解説

ライブストリーミング機能

SNSとの連動がより簡単になりました。最近ではInstaのライブやストーリーなどが流行っていますが、goproで撮った映像をそのままライブ配信出来る機能を待っていた人も多いと思います!InstaやFacebook、またはyoutubeで動画をシェアするにもお役立ちの機能です!

対応機種:Gopro Hero7 Blackのみ。

縦画面での撮影ができるようになった

これまでのGoProは横画面でしか撮影できませんでした。ところが今回のHero7では縦画面での撮影ができるようになったのでスマホ画面に最適な映像が撮れます。こちらもライブストリーミング機能との相性抜群です!

対応機種:Gopro Hero7 Black・Silver・Whiteの全機種

フォトタイマー機能がついた

これは写真撮影のタイマー機能です。これまでだとスマートリモートやスマホとwifi接続してGoproを遠隔操作していましたが、このタイマー機能があればスマートリモートなど無しでも自撮りがしやすくなります。ただほとんど使わない可能性大です笑

対応機種:Gopro Hero7 Black・Silver・Whiteの全機種

4K映像がよりキレイになった

4K映像はアクションカメラの中では最高レベルの画質です。GP1センサーという新しい4K映像はとにかくキレイで自然の景色も街の風景、そして自撮りなどで人物を撮ってもすごくクリアな映像が撮れます!4K画質は「プロレベル」なので、旅行や綺麗な風景を撮るのにオススメです。

対応機種:Gopro Hero7 BlackとSilver 2機種のみ。

タッチディスプレイでの操作可能

タッチディスプレイなので、簡単に撮影モードの変更、画質の変更が出来ます。さらに撮影した映像もそのまま確認できます。

【初心者】GoProの使い方や操作方法など図解で分かりやすく解説!

防水性にも優れている!

もちろんHERO7は防水機能も搭載。水深10mまでもぐれるのでダインビングなどの本格的なアクティビティーから、ビーチやプールでの水遊びまで水に強いのが特徴です!

超広角でキレイな写真も撮れる

超広角で撮影出来るのもポイントです!

超広角の視野で撮影機能によって、通常は映らない範囲も画面に収める事が出来ます。特に、友人や恋人と自撮りをする際には役立ちます。映像の撮影撮影の他に画像としても残すことが出来るので、超広角レンズを装備したカメラとしても使用できます。

音声コマンドにより手ぶら操作が可能

これまでのHEROシリーズでも搭載されていた音声操作はこの「Go pro HERO」でも出来ます。例えば、「Go pro 写真!」と話すと自動的に静止画を撮影してくれ、「Go pro 電源オフ!」というと電源が切れる機能です。両手が塞がっていて、操作が出来ない時などに効果的になってきます。言葉だけで操作が出来るという手軽さがあります。とても便利な機能の一つです。

純正品のアクセサリーが豊富に使える

もちろん純正品の様々なアクセサリーが販売されています。自撮り棒として使うことが出来る「Go pro 3-way」や手首につけることが出来る「Go pro ザ・ストラップ」。さらには頭に取り付けられるヘルメット、自転車、サーフィンボードにまで取り付けることが出来るアクセサリーまで様々です。

GoProをもっと楽しむための人気のおすすめアクセサリー26選

実際に使ったレビューと感想

操作性がかなりアップした

GoProを使うときにもっともよく使うのが「動画」「写真」「タイムラプス」の3つです。これまでは切替えるのにボタン操作しながら撮影モードを選択しないといけなかったので少々不便でした。

ところがHERO7からはタッチパネルを横にスワイプするだけで、この3つのモードを切り替えられます。瞬時に動画から写真撮影に切り替えるときにすごく便利です!!操作性アップしたのは好評化!!

カメラとしても使える

HERO7の画質はカメラとして使えるほど高画質になりました。SONYのRX0は同じ小型アクションカメラでも静止画をメインにして人気を得ていますが、Gopro Hero7 Blackも4K動画だけでなく、超小型高性能カメラとして使用できます!

明るいし滑らか

ありきたりなレビュー・口コミで申し訳ないんですが、実際にhero6と2台同時に撮影するとHERO7の方が明るくて綺麗な映像が撮れるんです。水に入れたときにそれは顕著にでるし、タイムラプスを撮影していてもそれが一目で分かります!

HERO HERO7とHERO6を比較すると

HERO7 機能の違い

高機能のGOPRO HERO6と比較してみました。大切なポイントだけまとめています。機能の詳しい比較についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

【比較】GOPRO HERO7とHERO6の違いを図解で解説!!

HERO7black 外観の違い

外見やデザインはほぼ一緒、、、いや、95%は同じと言えます(笑)

画質の違い

GPS機能

GPS機能も付いていません。写真や映像を撮影した後、それがどこで撮られたかというデーターが必要だと言う場合には、個別に記録しておきましょう。

Karmaドローン には非対応

Karmaとは、Go pro社の作ったドローンのことです。このgopro2018はKarmaに付けて飛ばすことが出来ないので注意を!

Go proアプリへの接続が出来る

アプリと接続することで、主に次の3つのことが出来ます。

Quik Storyの作成が可能

Quik Storyとは、撮影した最新の映像を音楽やエフェクト付きで編集された素晴らしいビデオに自動変換してくれるものです。これを使うことにより、撮影した写真や映像のデータをiPhoneなどのスマートフォンやパソコンに転送することが出来ます。また、その中で様々な編集も行えます。主に動画編集としての役割を果たし、静止画に関しては、写真5枚以上で1つのムービーも作ることが出来ます。写真や、映像などの素材を選ぶだけで、自動的にエフェクトを組み合わせてくれ、26種類のパターンから選ぶことが出来ます。

おまかせ編集アプリ!! GoPro「Quik stories」のスゴい機能と使い方

お気に入りの写真やビデオをシェアすることが出来る

撮影した写真やビデオにおける最高の瞬間をFacebookやinstagramをはじめとしたSNSに投稿することが出来ます。SMSやメールでも簡単にシェアできるのでwifi接続を活用しましょう。

【写真で解説】GoProとスマホアプリをwifiでカンタンに接続する方法

手元のスマートフォンから簡単操作

スマートフォンを使って、ショットのアングル、写真や動画の撮影開始や停止、カメラの設定を調整など簡単に行えます。

低価格「Gopro hero7」レビューのまとめ

注目のHERO7はやっぱりすごくおすすめの一台でした!とくにHEROシリーズを代表するHERO7Blackはこれまでのゴープロを超えて行くような高画質映像・高画質画像を撮れるだけでなく、手ブレにも強くなり、よりアクティビティーに強くなっています!

さらにインスタのストーリーや動画系のSNSが流行っている時代に合わせた機能追加をしてきたので、より撮影からシェアまでがカンタンになった印象です!!旅行やアクティビティをより楽しめる機能ばかりです!

編集部としては「このHero7 Blackは間違いなくオススメの一台!!」と言う結論に至りました!

逆にHERO7 SilverやHero7 Whiteの購入を考えている人には、最新のGoproを安く買えるというメリットががあります!そこまでは機能はこだわらないけどゴープロが欲しいという人は多いので、そういう人には人気の機種となります!