【防水カメラ】NikonのW300とFUJIFILMのXP130で川遊び!比較レビュー

 

夏だ!海、川、山!たくさん遊ぶぞ!

でも、遊ぶだけではもったいない。思い出を撮って写真に残したい

手軽に撮るならスマホは小さくて軽量で使いやすいけど、防水機能はたかが知れてるし落としたら画面割れます。

特にアウトドアの遊びには、水や砂、突然の雨、誤って地面に落下・・・など危険がつきものです。

そんな数々の「やってしまった・・・」をもろともしないヒーロー的カメラがこの世には存在します。

それは「本格防水カメラ」です。

防水機能だけでなく、衝撃に強かったり、GPS機能を搭載していたりとアウトドアにピッタリなデジカメがいくつか発売されています。

「防水カメラは最近よく聞くけど実際のところどれくらい使えるの?」「“買い”なものなの?」

そんな疑問を解消すべく、今回は防水カメラである「NikonのCOOLPIX W300」と「富士フイルムのFinePix XP130」を持って山間の川へ行ってきました!

この記事ではNikonのW300をメインに、水の中でキレイに撮れるのか、使ってみてわかったこと、富士フイルムのXP130との比較・・・など赤裸々に話していきます!

【楽しさ倍増】W300とXP130をもって川で遊んできた

どんな写真が撮れたのか?

その前に撮影場所と使った撮影機材を軽く紹介します。

ーーーーー

天気は快晴!最高の川遊び日和でした!

冷たい水が気持ちいい。

FUJIFILM X-Pro2で撮影

透明な水、木々の緑、岩!!奥まったところへも行きました。

FUJIFILM X-Pro2で撮影

こんな場所で今回の主役「防水カメラ」を使っていきます。

主に使ったのはNikonのCOOLPIX W300

カラーはオレンジ・イエロー・カムフラージュの3色です。

W300と比較するために使ったのが富士フイルムのFinepix XP130

カラーはホワイト・ブルー・イエローの3色で、今回イエローはお休みです。

お待たせしました。ここからはW300とXP130で撮った写真をそれぞれ見ていきます。

Nikon COOLPIX W300ではこんな写真が撮れる!

水中で写真を撮るのは新鮮で楽しい

ひたすらに水の中を撮ります。

まずは何となく一枚。

Nikon W300 編集なし

思っていたよりキレイに撮れる!(普段、ミラーレス一眼を使っているので防水カメラを完全に舐めてました)

ハヤを見つけました!

Nikon W300 編集なし

むやみに近づいて撮れない魚ですが、ズームすれば遠くからでも撮影できます。

Nikon W300 編集なし

次は水中での撮影風景を撮影してみました。

Nikon W300 編集なし

こんな感じで水中に潜って魚を探しています。

ホトケドジョウもいました!

Nikon W300 編集なし

水中でもキレイに撮れています!

ーーー上流に移動して撮影再開。

防水カメラを持ったら一度は撮りたくなる「半陸半水」。

Nikon W300 編集なし

水の青さがキレイ撮れました。成功です。

ここの水はすごく冷たい!!やっぱり上流は違います。

川魚といえばヤマメ、たくさんいますね。

Nikon W300 編集なし

もちろん水中だけでなく、普通のデジカメとしても使えます。

Nikon W300 編集なし

こんな岩ゴロゴロの場所へ入っていきます。

防水カメラならこんな迫力ある写真も難なく撮れちゃいます!

Nikon W300 編集なし

急流で波がたつ水中へ入ってみると・・・

Nikon W300 編集なし

暗くて自動的にフラッシュがたかれました。

FUJIFILM FinePix XP130ではこんな写真が撮れる!

NikonのW300と並行してFUJIFILMのXP130でも撮影しました。

2種類の魚を発見!

FUJIFILM XP130 編集なし

魚を撮影するために構えている様子。

FUJIFILM XP130 編集なし

川魚で人気のヤマメです!

FUJIFILM XP130 編集なし

防水カメラはアウトドアに欠かせないものになる!

普段は撮ることのできない写真を撮りながら、川遊びをするとより楽しめることがわかりました。

川遊びだけでなく、海やプールでも防水カメラを使えば夏の思い出を残せそうですね!

トリひこ君

アウトドアシーンだけでなく普段使いもできるから、カメラはこれ1台あればOKだね!

【W300レビュー】水中でも普通のデジカメと変わらない

一度は使ってみたかった防水カメラ。それは思ってたよりも楽しい体験でした。

NikonのW300を初めて使った感じをそのままレビューしていきます!

機能やスペックをもっと詳しく知りたい方はこちらのレビュー記事がオススメ⇒Nikon COOLPIX W300の詳しい情報まとめ

手が汚れていても使える心地よさ

カメラを持つとき、手が濡れていたり砂だらけだったりしたらきれいに拭いてから使うのが普通。

しかし、防水カメラならその汚れた手カメラを持ってOK。

わずらわしさゼロ。そのなんと解放的なこと。

これでもかってくらいバシャバシャ使えるのが楽しい!

ズームしても高画質で心強い

水中で魚を見つけたとき、もう少し人を大きく写したいとき・・・などズームして撮影することも多いです。

一般的なスマホと違い、光学ズーム搭載なので画質が落ちない仕組みになっています!

Nikon W300 編集なし

光学ズーム内であれば画質の良さを保てます。

Nikon W300 編集なし

このように風景写真も美しく残せます。

しかし、ある一定以上ズームして電子ズームに切り換わると画質が下がるので注意が必要です。

マクロ撮影もバッチリ

被写体との距離1㎝まで近づけるところがスゴイ!

撮った写真がこれです↓

Nikon W300 編集なし

近づいて細かいところまでしっかり写せます。

フラッシュは使う場面に注意

フラッシュは「AUTO」か「OFF」に切り替えることができます。

「AUTO」にしておけば少し暗い水中でもカメラが自動的に判断してフラッシュをたいてくれます。

しかし、場合によってはフラッシュを使うとこのような失敗写真になることもあります。

これはこれで玉ボケがキレイと思いますが、魚を撮影する場面でフラッシュを使って失敗しまってはもったいないし、魚が驚いてしまうことも。

Nikon W300 編集なし

このように全体的にぼやけた写真になることもあります。

水中ではなるべくフラッシュをOFFにするのがオススメです。

充電はUSBで、内部メモリーも搭載

カメラを充電するときは、「バッテリーを抜いてバッテリーチャージャーで充電してカメラにバッテリーを戻す」のが当たり前だと思っていたので、USBケーブルを使って直接充電できるのは便利!

また、内蔵メモリー(約99MB)も搭載されているので、SDカードを忘れた際も写真は残せます。

しかし、内蔵メモリーはSDカードと比べて容量がかなり小さい

高画質で撮った写真1枚が約4MBだったので、単純計算すると内蔵メモリーで保存できるのは25枚前後です。

画素数を落とせば撮れる枚数は増えますが、少々写真の粗くなってしまいます。

内蔵メモリーではすぐに容量がいっぱいになってしまうのでSDカードを使いましょう!

XP130をレンタルして使ってみた感想を知りたい方はこちら

【W300・XP130比較】両方使って分かったこと

NikonのW300とFUJIFILMのXP130はスペックを見ると、機能や性能に大きな違いはありません。

そこで、実際に使って比較したからこそ分かったことをまとめてみました。

購入を検討している方は参考にしてみてください!

〈デザイン〉アウトドアに合うのはW300

NikonのW300はアウトドア向け!全開の四角いボディ。

どちらかというと海よりも山、渓谷、岩、森林といった自然のイメージがします。

ゴツい雰囲気を出していますが程よくスマートでカッコいい。特にカムフラージュなんて最高。

持ってみるとこんな感じ。

背面はこんな感じ。

ボタンもカッコよく見える。

ーーーーー

反対にFUJIFILMのXP130は曲線、丸っこい感じです。

こちらはどちらかというと、海、川、プールといった水辺のイメージがします。

持ってみるとこんな感じ。

背面はこんな感じ。

W300と比べるとスッキリとシンプルなボタンで操作しやすかったです。

〈使い勝手〉XP130の方が持ちやすくて使いやすい

重さ・大きさ

両方パッと見は同じくらいの大きさに見えますが、若干W300の方が重く、大きいです。

また、XP130の方はポッケに入れやすくコンパクトに感じました。

持ちやすさ

W300は角があって持ちづらく安定しません。左手を使って支え、両手で撮るのがベター。

一方、XP130は持つところが丸く手にフィットする形になっているので安定感があり、片手でも撮影しやすいです。

持った感じがW300は「つかむ」、XP130は「にぎる」といった印象。

ストラップ

W300は首から提げられるタイプのストラップが付属しています。

普段使うのには便利ですが、水中ではXP130のように片手用のストラップが欲しくなります。

今回、W300を使う際は自前のストラップをつけました。

デジカメのストラップをW300に付けて使った

XP130は片手で持つタイプのストラップが付属している+持ったときに安定感があるので水中撮影にはピッタリです!

〈撮影性能〉どちらも十分キレイな写真が撮れる

下の表に主な仕様をまとめてみましたが、実際どちらで撮っても差は感じられませんでした。

  W300 XP130
画素数 1605万画素 1640万画素
F値 F2.8‐4.9 F3.8‐4.9
光学式ズーム 5倍 5倍
連写 7.5コマ/秒 10コマ/秒
動画 4K Full HD

XP130の方が連写性能が良く、一瞬を撮りたいときに使えそうです!

W300は4K動画が撮れるのでより高画質に思い出を残すことができます。

〈バッテリー〉W300の方が多く撮れる

どちらもUSBケーブルを使って充電することができます。

一度の充電で撮影できる枚数の目安をまとめました。

  W300 XP130
撮影枚数 約280枚 約240枚

W300の方がバッテリーの持ちが良い!

ちなみに内蔵メモリーはW300が約99MB、XP130は約96MBと差は数枚程度のようです。

〈価格〉コスパの良さはXP130!

価格.comでそれぞれ最安値を調べてみたところこのようになっていました。(※2018年9月1日現在)

W300 オレンジ イエロー カムフラージュ
価格 28,116円 28,512円 29,313円
XP130 イエロー スカイブルー ホワイト
価格 18,829円 18,937円 19,192円

W300とXP130の価格差は約1万円。

ここまでそれぞれを比較してきたことを考えるとコスパがいいのはXP130ですね!

〈比較まとめ〉W300かXP130、どちらを選ぶべき?

結局のところ、どっちがよいのでしょうか?

まとめると・・・

「デザインや細かいスペックにこだわりたいのならW300

「機能・性能にあまりこだわりなく価格重視ならXP130

という結論に至りました!

「そこまでの性能はいいので安いのがほしい」「他の防水カメラにも興味がある」方は下のサイトを参考にしてみてください!

ーーーーー

今回レビューしたW300の下位機種に「Nikon COOLPIX W100」があります。

親子で使えてかわいいフォルムの防水カメラです。

コスパ抜群!親子向け防水カメラW100のレビュー

防水カメラ「Nikon COOLPIX W100」をプールで使ってみたレビュー!おすすめ撮影シーンも紹介

他の防水カメラも知りたい方はこちら⇒2018年防水カメラおすすめ人気ランキング!

防水カメラを買うときに参考にしてほしいサイト⇒防水カメラを選ぶときのポイント5つ

【まとめ】防水カメラはレジャーにぴったり

今回、防水カメラで今まで撮ったことのない写真が撮れて楽しい思い出ができました。

個人的に「ほしい!」と思いましたが、ミラーレス一眼も持っているため使う場面が限られています。

おそらくこのように考えている人もいると思います。

ジョンくん

防水カメラほしいけど買っても使うのは夏休みくらいだな

マコちゃん

普通のカメラ持ってるけど今度海へ遊びに行くから防水カメラ使ってみたい

使っても夏休みや冬休みなど短期間という方はレンタルがオススメです。安く済みます

また、普段使いのカメラとしても使う予定があるという方は購入も要検討です。長く使えます。

どの機種がいいか、買っても使えるかなど悩んでいる人はまずはレンタルして使ってみるという手もあります。

XP130をレンタルしてみた体験レビューはこちら

水中カメラをレンタル体験。XP130で公園で水遊びする子どもの撮影してみたら◎だった

W300の詳しい機能や性能をまとめた記事はこちら

海で大活躍!ニコンの本格派防水カメラcoolpix w300をレビューしてみた

XP130の詳しい機能・性能、XP120との比較レビューはこちら

防水カメラFUJIFILM FinePix XP130を比較しながらレビューしてみた。

今回、W300・XP130を撮影した機材はこれ⇒X-Pro2

富士フィルム最強の個性派ミラーレスX-Pro2をレビュー

最後までお読みいただきありがとうございました!