【2018】最新の防水カメラおすすめ人気ランキング!

2018年現在、最新の人気防水カメラランキングをご紹介します。

・水中の美しい景色をデジカメで手軽にとりたい。

・子供の成長の記録としていい写真を残しておきたい。

・海やプールならではの写真を撮りたい。

そんなとき大活躍するのが防水カメラです。今では様々なメーカーから色々な特徴を持ったカメラ、性能を持ったカメラが数多く発売されています。新商品も登場している中でどれが自分にあっているかなど迷ってしまいますよね。

今回は地味に使いやすい使い捨てカメラや人気なカメラ、価格がいいカメラなど様々な面から比較していきます。PADIというスキューバダイビングの組織が許可しているオープンダイバーのライセンスを持っており、よくダイビングに行く私が人気形式、価格比較、私のおすすめとして紹介したいと思います。

お気に入りの一台を見つけて防水カメラで素敵な気持ちになってください!

防水カメラとは?

防水カメラとは、防水機能を持ったカメラのこと。

文字そのままに防水機能を持ったカメラです。最近では高性能の防水機能の他、様々な機能が追加されています。では、アクションカメラGoproと何が違うのでしょうか?

それは、ズームができること。

カメラ本体で十分に使いやすいことが挙げられます。Goproは小型で軽いですが、マウントをつけることで威力を発揮します。しかし、本体、マウント共に高価なため中々手を出しづらいという面もあります。

防水カメラとGoproの違い

アクションカメラで最近有名になって来ているのは、Goproシリーズです。アクションカメラと防水カメラとはいったいなにが違うのでしょうか?

アクションカメラとは様々なアクティビティを大迫力の高画質映像で残すことに特化したカメラのことを言います。そのためカメラ本体は小型で様々な場所に取り付けることができ、かつ丈夫にできています。また、本体だけでは十分な機能を果たせません。

 

このようなマウントと言って特別な付属品をつける必要があります。なので、本体単体では十分な機能を果たせません。

押さえておくべきこと

スポーツや遊びなどの動きがあるシーンで映像を残しておきたい、楽しみたいというのであれば、GOproがいい。一方で、景色や静止画として残して置くならば防水カメラの方が綺麗な写真を撮ることができます。

このような違いを考えて、今年のカメラを選んで見てください。

防水カメラを選ぶときのポイント

今では、防水カメラと言われるデジカメでは防水機能は高性能は当たり前で、「水深 〜m」という表示が一般的です。

ここで初めて自分がどういう目的で買うのかが重要になります。例えば水深50mまで耐えられる防水カメラで値段が高いものがあったとする。自分の防水カメラが欲しい理由は、子供とプールで使いたいとする。ならば、もっと安いカメラで、水深10mまで耐えられるカメラで十分となる。

そこで、カメラを見て行く、選ぶにあたって、自分のカメラを選ぶ基準を明確にして置く方が、目的によって優先順位が決まっていいかなと思います。少しここで、自分の目的を思い出しておいてください。

防水カメラを選ぶポイント
  • きちんと防塵・防水機能をチェックする
  • 耐衝撃性能の物を選ぶ
  • カメラが持ちやすいかどうか
画質や機能だけじゃない!防水カメラを選ぶ時のポイントを5つご紹介

防水カメラ人気機種比較

  AW130 W300 TG-5 TG-4

TG-5

工一郎

xp130 xp120 WG-50 WG40 WG-M2
F値 2.8 – 4.9 2.8 – 4.9 2.0 – 4.9 2.0 – 4.9 2.0 – 4.9 3.9-4.9 3.9-4.9 3.5-5.5 3.5-5.5 2.0
ISO 125-6400 125-6400 100-12800 100-6400 100-12800 100-6400 100-6400 125-6400 125-6400 200-6400
画素数 1605万画素 1605万画素 1200 1600万画素 1200万画素 1640万画素 1640万画素 1600万画素 1600万画素 800万画素
イメージセンサー 1/2.3型 1/2.3型 1/2.33インチ 1/2.33インチ 1/2.33インチ 1/2.3型 1/2.3型 1/2.3型 1/2.3型 1/2.3型
シャッター速度 1-1/1500 1-1/1500 1/2-1/2000 1/2-1/2000 1/2-1/2000 1/4-1/2000 1/4-1/2000 1/4-1/4000 1/4-1/4000 1/4-1/24000
防水性 30m 30m 15m 15m 15m 20m 20m 14m 14m 20m
耐衝撃性 2.1m 2.4m 2.1m 2.1m 2.1m 1.75m 1.75m 1.6m 1.6m 2m
耐寒性能 -10℃ -10℃ -10℃ -10℃ -10℃ -10℃ ー10℃ -10℃ -10℃ -10℃

ぜひ防水カメラを買うときに参考にしてください。では、随時見ていきましょう。

オリンパスの防水カメラ

オリンパスとは、ミラーレスの一眼でカメラ業界No,1のシェアを持つメーカーです。ライカ・パナソニックと共同で画像センサーの規格「フォーサーズ」を開発し、個人でも手を出しやすい中価格帯のカメラを生産しています。

オリンパス Tg-5 tough

豊富なカラーバリエーションと可愛らしいデザインが多いオリンパスですが、Tg-5 Toughは違います。無骨で男らしい印象さえ持ちます。

このTg-5は、防水カメラで最も人気のある機種です。また、今回私があげた防水カメラの選ぶポイントを全て網羅したオールマイティさを兼ね備えた機種です。

水深15mまで対応しているので、体験ダイビング程度であれば本体をそのまま水中に持ち込むことができます。別売りのハウジングをつけると大変身します

PT-058。これを装着することで、水深45mまで潜ることができるようになります。

ジョンくん

TG-5はハウジングやマウントが豊富なんですよね

例えばこんなご意見もありました。

普段からレンズの保護にプロテクトフィルターを使っているのですが、
海水浴で使う場合は付けた方が良いのか外した方が良いのか、試しに付けたままにしてみました。

結果は、当然というか本体とプロテクトフィルターの間に海水が入ってしまってよろしくない感じ。

翌日、プロテクトフィルターを外してコンバーターアダプターだけを付けた状態で使ってみました。
コンバーターアダプターがレンズフード的な役割を果たし、こちらはなかなかいい感じ。

結論は
海水浴で使うならプロテクトフィルター無しが使いやすい。出典:価格.com

僕は使っていてそこまで気になりませんでしたが、参考にしてください。

F値が2.0と小さいことで、暗いところでも綺麗に撮ることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、4K動画を撮ることができたり、

 

BlueCoral Dive Shopさん(@bluecoraldiveshop)がシェアした投稿

マクロ撮影もできちゃうんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すごいですよね。ただ、少し重いのが気になります。高価でもいいから綺麗ないい写真を撮りたいという方はオススメの一品です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

【写真あり】海でも山でも大活躍だった 大人気のOLYMPUS Tough TG-5をレビュー!

【レビュー】防水カメラ「オリンパスTG-5」を沖縄の石垣島で使ってみた

オリンパス TG4-Tough

オリンパスTG4は上記のTG-5の前機種です。

「TG-5」と「TG-4」はどちらもアウトドアという過酷な状況下で使うことができる防水・耐衝撃のカメラです。水深15mの防水・砂やホコリを防ぐ防塵機構・高さ2.1mの耐衝撃性能のほか、100kgfの荷重に耐えられる構造・-10℃環境での動作保証を実現しています。

TG-5の方は、画像処理エンジンが強化され高感度性能が向上し、動画も高画質で取れるようになりました。

TG4はやはり、TG-5の前の機種であるので、TG5よりも安価で手に入れることができます。

気に入っています。雨天時でもリュックの肩掛けに取り付けて利用できるので大変使い勝手が良いです。防水機能が最高です。顕微鏡撮影が素晴らしいです。楽しみが広がります。解像度もよく、これから記録写真や資料写真作成に楽しみが広がりました。ナビゲーション機能があれば最高なのですが。出典:楽天市場

確かにナビゲーション機能はアウトドアで撮影を考えてる方は必須だと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。

【防水カメラ】初心者が買いたくなる一品!Olympus TG-4 の Toughさも検証!!

ニコンの防水カメラ

元々は、軍用光学兵器メーカーということもあり、機械の完成度が高く、丈夫なんです。修理にはニコンのカメラはほとんどないという話です。そのおかげでNASAの公式カメラとしても使われています。

ニコンCOOPLIX W300

ニコンaw130の後継機種で、洗練されたデザインと水深30mまで耐えうる強靭な機体を持ったカメラです。

水深30mまでの防水性能を持ち、光学ズームのおかげで、光が少ない海の中でも大活躍してくれるでしょう。また、手ぶれ補正も高性能のためますます写真が撮りやすくなっています。

撮った写真はSnapbrudgeというアプリでスマホとBluetoothで簡単に連携できるのは他にはない機能です。バランスよく全ての機能を備えつつ、手を出せる価格なので、迷ったらこれ!って感じのカメラです。

夜景もこんなに綺麗に撮ることができます。

他にも4K対応の動画機能なので、くっきりとした動画を楽しむことができます。

 

Hiroshi Mutoさん(@sujikuroyurihaze)がシェアした投稿

めちゃめちゃ綺麗ですよね。動画も写真も十分に楽しめます。

ダイバーなんで超使えました!ブルートゥースですぐに携帯に写真が飛んで来るのでダイビング友達とラインでアルバム作ってその場で楽しめました! 出典:Amazon

僕もダイバーなんですが、すごくこの色味はおすすめです。

詳しくはこちらをご覧下さい。

海で大活躍!ニコンの本格派防水カメラcoolpix w300をレビューしてみた

ニコンCOOPLIX W100

w300の子供向け版のカメラです。価格は価格.comでは、何と12234円でした。機能を考えても、最も安い防水カメラです(2018年現在)。

水深は10mほどしか耐えることはできまず、カメラ性能はw300と比べると落ちますが、Snapbridge機能により、スマホと連携できるなど。バランスの取れた機体です。

COOLPIX W100 水辺での一枚

ザリガニとw100。カメラの入門機としては素晴らしいカメラではないでしょうか?

COOLPIX W100 子どもに持たせてみる

カメラとしても十分役割を担ってくれます。ちびっこが使ってカメラが壊れるのが不安という方にもおすすめ。

上の素敵な写真を撮ってくれた柚木ゆうらさんの体験レビュー記事はこちら!

COOLPIX W100 アイキャッチ防水カメラ「Nikon COOLPIX W100」をプールで使ってみたレビュー!おすすめ撮影シーンも紹介
注意
充電がしにくいかも

充電中Oリングがむき出しになりホコリ付着が嫌なため
電池外して充電器で充電していますので参考にならないですが、
この方法では問題なく充電できています。出典:価格.com

僕自身が使った感じ、不具合はあまり感じなかったのですが、少し充電がうまくいかないことがあるみたいです。

1万円で買える防水カメラなので子供が壊したり、落として壊しても諦めがつきそうですよね。

お子さんがいるファミリーにおすすめです!

リコーの防水カメラ

りこーは一眼レフなどではペンタックスという名で売られています。フルサイズを超える一眼レフカメラや、100通り以上のカラーバリエーション、世界最小の小型ミラーレス一眼カメラなど、個性的で特徴のあるカメラを生産しています。

防水カメラでも、その特徴は現れています。

WG-50GPS

見てください、この特徴的なデザイン。注目は耐衝撃性能です。何と2.2mから落としても耐えてしまうんです。この数値はとっぷくらすではないでしょうか?工事などの現場や、あらゆるアウトドアで活躍してくれそうです。防水性能は14mと微妙なので、特に陸上のアクテビティに適していると言えそうです。

 F値が2.0という明るさも特徴的ですが、光学5倍ズームを搭載しているのでとても綺麗な写真を撮ることができます。
 

Takao_SNKさん(@takao_snk)がシェアした投稿

 記録もきちんと表示されるのはいい機能ですね。
 
 

Ricoh Imagingさん(@ricohpentax)がシェアした投稿

 動画も結構綺麗に取れちゃいます。陸だけではなく水中でも活躍してくれそうですね。陸で使うなら耐衝撃性能は見逃せません。

富士フィルムの防水カメラ

フィルムメーカーとして長年培ってきた色彩表現の知見を生かして、色の表現に強いカメラを生産しています。カメラんフィルムが特徴的で、クラシックカメラを連想させる本体が懐かしさを漂わせるカメラを作っています。最近ではミラーレスや一眼などに会社全体で取り組んでいるメーカーです。

 

FinePix xp130

2018年に発売された最新機種です。防水機能は20mとxp120から大きく変わっていませんが、あらゆるシーンに対応したものとなっています。電子水準器やAFが搭載され、また、Bluetoothが使えるようになり、スマホと連携できるようになりました。

 

okayama yukariさん(@yukarichaaaaan)がシェアした投稿

詳しくはこちらをご覧下さい・

防水カメラFUJIFILM FinePix XP130を比較しながらレビューしてみた。

FinePix xp120

 

xp130の前機種で、あらゆるシーンに対応しています。旧モデルと比較すると防水性能が15mから20mへ改善されています。これの魅力的な点は、安い上にバランスが取れているということです。

 

Joyce Tsaiさん(@yijiun.tsai)がシェアした投稿

こんな水へちゃらて感じの写真ですね。僕もこんな写真撮りたいわァー。

詳しくはこちらをご覧下さい。

老舗富士のFinepix xp120について レビューしてみた。

最新価格安いランキング

楽天調べでは、、

機種名 価格
オリンパス TG-5 49800円
nikon coolpix w300 315900円
nikon coolpix w100 11710円
リコー WG 50GPS 27880円
Finepix xp130 24577円
Finepix xp120  18144円

こうなりました。やはり、w300はコスパがいいんですね。と僕は思います。

アマゾンで調べて見たら、、

機種名 価格
オリンパス TG-5 50400円
nikon coolpix w300 31270円
nikon coolpix w100 11374円
リコー WG  27441円
Finepix xp130 24374円
Finepix xp120 17979円

こうなりました。楽天とあまり変わらない結果ですね。

普段使いで防水カメラを使っていて、また、スキューバダイビングやスノーボードに行く私ですが、コスパやカメラのパフォーマンス、そして、楽に扱えるという私の主観から

私のおすすめ防水カメラは、、

ニコン COOLPIX W300です。

まず、パッと目に入るおしゃれなデザイン。街でゴツゴツとしたデジカメはなかなか持っていたくないという意味で、w300は楽かなと思います。また、ハウジングなしで、ダイブできるといいのは、ハウジングを取り替えるのが嫌いな私にとっては最高かなと感じました。ぜひ、参考にして見てください。

海で大活躍!ニコンの本格派防水カメラcoolpix w300をレビューしてみた

レンタルより中古より使い捨てよいう選択

観光地沖縄!!そこでよく初めてダイビングにきた人が使っていたのが、使い捨てカメラ!自分が持ってきていたカメラにハウジングをつけたら撮影できると思っていたが、いざ付けてみると入らないというパッターンがあるみたいです。そんなときは、、、使い捨てカメラは写ルンです!

 

 

いや実際の名前は

富士フィルム防水カメラ写ルンです

写ルンですの防水カメラ版!!

だそうですので、日光には十分にお気をつけください!
どんな感じに写るのか調べて見ました!
 

 使い捨てカメラ侮りがたし

見てください、こんなに綺麗に写るんですね!!侮っていました。すごすぎます。

水中ではこんな感じ!

 

Yayoi Kitamura(Kamada)さん(@tirimen_jaco)がシェアした投稿

すごいですね。感激しました。僕も使いたくなってきました。

カメラそのものが防水性能を備えているわけではなく、通常のフィルムカメラび防水カバーがついています。そのためか防水性能は10mそこそこなのですが、コストや手軽さを考えると捨てがたしって感じですよね。しかも、昔懐かしのフィルムカメラですので「カメラ」で撮りたい方には素晴らしい機種だと思います。

使い捨て、レンタルという選択はあり

初めてのスキューバダイビングのために防水カメラが欲しいと考えているあなた!!防水カメラは高価なものがほとんどです。だからこそ、使い方が限定されている場合、コストを抑えるためにレンタルサービスに頼るか使い捨てに頼るというのも一つの手ですよね。安価な保証の充実したレンタルサービスもあるので新品以外でも考えてみるのはありかもしれません。

防水カメラでも自撮りはチルト式

防水カメラって基本的に外の景観や人を撮ることにはすごく良かったけれど、自分を入れて撮ることって難しかったですよね。このOLYMPAS TG-860は液晶モニターが180度回転しちゃうんです。なので自撮りも簡単にできちゃいます。ただ残念なのは、生産が終了してしまったことです。今中古の価格を見てみると、10万円を超えていました。びっくりしました。今ではお目にかかれなくなってしまいました。

ひとことメモ
OLYMPAS TG-860は自撮りに最適!

防水カメラを扱う時の注意点

防水カメラといえ、カメラはカメラです。精密機械には他んりません。また、厳しい環境下で使う場合がほとんどです。だからこそ、保存や扱いには注意が必要です。内部への水の侵入をゴム製のパッキンで食い止めているにすぎません。 それゆえ、正しくパッキンを固定しておかないと内部に水が侵入し壊れてしまいます。

注意
  • ロックの確認
  • 水分をきちんと拭き取ること
  • パッキンが消耗しているときは取り替えること

ロックの確認

カメラによってはロックやフタが複数あるときがあります。水中で使う場合には必ず全てのロ ックをしっかり閉じているか確認してください。内部に水が侵入してしまい。知らないうちに腐食の原因となることがあります。

 

紹介した防水カメラは10メートル以上くらいの水深までの防水性能 を備えていますが、ロックが完全な状態でかかっている場合に限ります。 少しでも隙間があれば内部に水が入り込んでしまいます。また、精密機器のため浸水すれば当然壊 れてしまいます。防水カメラを壊さないようにするためには、防水カメラに専用のハウジングを装着して利用するのが一番です。水深が深くなるほど水圧もあがり、浸水しやすくなります。壊したくない場合や深く潜る場合にはハウジングを一緒に用意することもおすすめです。

一方で、ハウジングを装着することで大きくなったり、重くなってしまい撮影の邪魔になるケースもあります。私自身はできるだけ何も付けないで潜るようにしています。シュノーケリングで深く潜ることのない場合にハウジングの必要はほぼないでしょう。そのまま水中に持ち込む場合にはしっかりロックがかかっているか、パッキン部に砂粒等が詰まっていないことを確認することで長く使うことができます。1ミリ以下の細かい砂粒でも浸水の原因となることがあります。

きちんと拭き取る

また,一気に大量の水が侵入しなくても、少しの水分でも内部の腐食の原因となりますの、使い終わったらしっかりと汚れを洗い流すようにしてください。

 

このように実際に塩抜きなどの対策をされている方もいます。

パッキンが消耗している場合

パッキンは1年ほどで交換した方がいいでしょう。古い場合、浸水の原因となるので、心配な方はメーカー にパッキン交換の依頼をしてください。私も実際に交換に近くの電気屋さんに行っています。

防水カメラおすすめ機種まとめ

以上で、今回のご紹介は終わりになります。防水カメラは手間がかかる分、それに答えてくれる性能を持っています。タフさが売りの防水カメラ、ぜひ一度手にとって遊んでみてはいかがでしょうか?

ひとことメモ

光が届きにくいことを考慮すべし・操作性を重視して選ぶべし